ご予約はこちら

       

ご予約をご希望の方は、
お電話または公式LINEからご連絡をお願いします。

tel.03-3659-6486

※Webご予約をご希望の方はこちらからお願いします。

LINEで予約

SENIOR

高齢者歯科について

「口は長寿の門」という言葉があります。
歯とお口の健康が健康・寿命と関連がある事は科学的に証明されています。健やかな毎日を過ごすために、早期に歯科受診をお勧めいたします。

当院の治療方針

ご高齢の患者様はお口以外にも、全身にさまざまな病気を抱えていらっしゃる場合があります。当院では患者様の健康状態を把握し、体に無理な負担をかけないことを大切にしております。また、当院のスタッフのみならず、医療連携を行う医科のスタッフとも協力し、患者様の症例に合わせた治療の提供をめざしているのです。

全ての医師が担当可能ですが、より重度な疾患をお持ちの方は、
麻酔認定医の阿保先生が全身を診ながら治療を担当します。

主な対象疾患

  • 咀嚼障害

    治療には取外し可能な入れ歯(義歯)を使用し、咀嚼障害の改善をめざします。
    食べることは生きることであり、しっかりと噛める入れ歯が欠かせません。当院では患者様のお口に合わせた噛みやすい入れ歯をお作りし、食事をおいしく楽しめるサポートを行っております。

  • 口腔機能低下症

    以下に1つでも当てはまる場合は、口腔機能低下症の疑いがあります。
    「1.食事にかかる時間が最近長くなった」「2.硬いものが噛みにくい」「3.食べ物が口の中に残るようになった」「4.食事でよくむせる」「5.食べ物や飲み物、薬などが飲み込みにくい」「6.食べこぼしが気になる 」「7.口の中が乾燥しがち」「8.滑舌が悪くなった」「9.口の中の汚れが目立つ」
    当院では主にご高齢の患者様を対象に、口腔機能低下症の改善をめざした治療も行っております。健康状態の悪化や生活の質を落とさないためにも、気になる症状がある場合はお早めにご相談ください。

  • 摂食・嚥下障害

    摂食・嚥下とは、食べ物を噛んで飲み込む一連の動作を表します。その機能がうまく働いていない状態を「摂食・嚥下障害」といいます。
    食べ物や飲み物をうまく飲み込めない、咳き込む、むせる、食べこぼし、口の中が乾燥している、声が枯れるなどが主な症状です。摂食・嚥下障害を放置すると体の栄養不足や水分不足、窒息や誤嚥性肺炎のリスクが高まります。健康状態を維持するためにも症状を放置せず、適切な治療で改善をめざすことが大切です。

  • 口腔乾燥症

    ご高齢の方は唾液の分泌量が低下し、口腔内の乾燥が目立ちます。唾液による自浄作用が機能せず口腔内に細菌が繁殖し、歯周病や口臭の原因になります。
    口腔乾燥症は年齢以外に、水分不足やストレスなどによっても引き起こる可能性があるため、原因に応じた治療が必要です。急に唾液が出なくなったり、痛みなどがあったりする場合は唾液腺の異常も疑われます。

  • 睡眠時無呼吸症

    睡眠時に一時的な無呼吸状態を繰り返す場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。仰向けで寝ている場合は気道に舌が沈み込みやすく、気道を塞いでしまうため呼吸が止まりがちになるのです。よく寝たつもりでも脳は覚醒しており、昼間の睡眠不足や集中力の低下を引き起こします。
    「睡眠中に呼吸が止まっていると指摘された」「大きなあくびが気になる」などの症状がある場合は、まず当院にご相談ください。

    ご来院が難しい方向けに、訪問診療を行っています

    足腰の不自由や寝たきり、ケガなどでご来院が困難な方を対象に、当院では訪問診療を行っております。歯科医師・歯科衛生士・管理栄養士などがご自宅や施設を直接訪問し、院内で行うのとほとんど変わらない治療を提供いたします。
    訪問診療をご希望の場合は、まずお電話にてご連絡ください。

    歯科訪問診療