ご予約はこちら

       

ご予約をご希望の方は、
お電話または公式LINEからご連絡をお願いします。

tel.03-3659-6486

※Webご予約をご希望の方はこちらからお願いします。

LINEで予約

COOPERATION

江戸川病院・江戸川メディケア病院、
訪問診療わっしょいクリニックと医科歯科連携し
患者様の傷病に対して総合的な治療を行っています

  • 江戸川病院

  • メディカルプラザ江戸川

  • 江戸川メディケア病院

  • 江戸川病院 中之島棟

  • 訪問診療わっしょいクリニック

  • 岡部歯科

当院では近隣病院との医科歯科連携を行い、治療や手術が必要な方を対象に、歯科治療や口腔ケアを提供しております。お口の環境が悪く細菌が多い状態のままでは、手術に悪影響を及ぼす恐れがあります。また、お口は食べ物などの栄養を摂り込む全身の入り口であり、生きるためになくてはならない体の一部です。

手術前にお口の問題を解決して清潔さを取り戻し、手術による体への負担が少しでも軽くなるようにサポートしております。手術後も定期的な来院で口腔ケアを続けていただき、お口の健康状態の維持・向上を一緒にめざします。

医科歯科連携とは?

医療と歯科の垣根を無くし、医療向上に努める取り組みです。

日本の医療機関の多くは医科や歯科など、それぞれの診療科ごとに分けられています。しかし、近年の研究からお口の健康が全身に与える影響が明らかになり、医科と歯科の恊働が重視され始めています。
医科と歯科を連携させ、患者様の健康管理や治療を行うことが、健康を支えるために欠かせないと考えられているのです。病院で治療中や手術前の場合は、患者様の健康状態などから必要な歯科治療やケアを提供することで、がんや糖尿病の治療効果を高めることが期待できます。

主な取り組み

  • 周術期口腔機能管理

    全身麻酔下による外科手術、放射線療法や化学療法などが必要になった際、「口腔内の清潔さ」が合併症の予防や術後の回復を促進するといわれております。
    細菌が多い状態では、合併症のリスクが高まり治癒しにくく、入院期間が長引く恐れがあるのです。治療や回復の向上をめざし、患者様の口腔機能管理を行うことを「周術期口腔機能管理」といいます。
    周術期口腔機能管理を行うには、「手術等を実施する保険医療機関からの文書による依頼に基づき、管理計画を作成し実施する」ことが重要です。依頼から管理計画の作成などに必要な作業を円滑に行い、できるだけ早く周術期口腔機能管理を実施できるようにサポートしてまいります。

  • 入院中の患者様の訪問診療

    当院は医療連携の一環として、連携病院への訪問診療を積極的に行っております。江戸川病院では、入院中の患者様を対象に病棟へ訪問し、ベッドにいながら治療が可能です。歯が痛い場合の応急処置や入れ歯の調整など、必要に応じた治療で患者様のご要望に配慮しております。

    また、口腔ケアでお口の健康維持をめざし、入院中の虫歯や歯周病の発症・進行の予防にも努めております。一方、関連病院の江戸川メディケアでは、手術前の患者様への口腔ケアを実施。手術により抵抗力が下がると、口腔内の細菌量が増える可能性があります。事前の口腔ケアで細菌量が減ると、手術時のリスクの軽減や手術後の順調な回復にもつながりやすくなるのです。当院はこれからも医科歯科連携に取り組み、患者様のお口と全身の健康を支える存在であり続けます。

  • 修復医療SGF診療

    修復医療SGF診療とは、乳歯から採取した歯髄に含まれる幹細胞を培養し、そこから作られた上清液(上澄み液)を用いて行う再生医療です。

    歯科では歯周病やインプラントなど、歯槽骨を含める歯周組織の再生が必要な場合に適用し、骨の回復をめざしております。また、美容分野の治療にも用いられており、顔のシワ・たるみ・肌荒れの改善などのエイジング効果も期待できます。

    乳歯の抜歯前には保護者様にご説明し、可能な場合にはご同意とサインをいただいた後に抜歯。乳歯を江戸川病院に提供し、専用の施設で修復医療SGF診療に必要な培養液を製造しています。
    保護者様の同意なく、当院の判断で勝手に抜歯後の乳歯を転用することはありませんので、どうぞご安心ください。

  • その他様々な医療提携

    当院ではこれまで、江戸川病院のスタッフや入院中の患者様を対象に、さまざまな啓蒙活動にも力を入れてまいりました。
    特に入院中はお口のケアが不十分になりがちで、歯周病のリスクが高まる恐れがあります。
    そこで当院のスタッフが病院を訪問し、講演会やブラッシング指導を実践して口腔ケアの重要性を意識していただく活動を続けております。

    また、江戸川病院の協力のもと、医師による講演会や学会発表にも積極的に参加。当院のスタッフのさらなるレベルアップにも力を入れ、よりスムーズな医療連携にこれからも取り組んでまいります。

ギャラリー